屋根が無事でも雨漏りしてしまう原因とは

subpage1

雨漏りが発生したときに、まっさきに疑うのは屋根です。
屋根に穴が開いて、雨が入ってくれば雨漏りが発生します。穴ではなく小さな亀裂の場合もあります。穴も亀裂も屋根を調査すれば分かります。
とても小さな穴や、目立たない亀裂は発見しにくいので、実際に雨漏りが発生している場合は工務店に相談するのが良いでしょう。
屋根を調査しても穴や亀裂が発見されない場合もあります。
屋根が無事でも、ベランダから雨が入り込む場合があります。

雨漏り火災保険を調べるならこのサイトです。

ベランダが雨に濡れやすい施工になっている場合は要注意です。

ベランダは屋根や外壁と比較すると防水リフォームを検討されにくい箇所と言えます。
普段は洗濯物を干したり、布団を干したりするベランダですが、雨の強い日には水を溜めてしまう役割を果たします。
ベランダに排水設備があるのなら、常に清掃を心がけて、枯葉は除去しておきましょう。ベランダに溜まった水は、自然に乾燥しますが、乾燥に時間がかかってしまうと、笠木から外壁材を伝って建物の内部へと入り込みます。
防水施工されていれば、水は伝わりませんが、家を新築してから防水リフォームを一度も施工していない場合は要注意です。
屋根や外壁と比較すると、ベランダは損傷しにくい場所なのでリフォーム対象から外される場合が多いです。

リフォーム予算の節約のために、屋根と外壁を優先してベランダと雨どいを後回しにしてしまう場合も少なくありません。

47NEWSについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

腐ってしまった笠木は除去して、新しい木材に交換リフォームを行いましょう。
そのうえでベランダに防水施工をすると、雨漏りは発生しなくなります。



生活をもっと知る

subpage2

雨漏りを応急処置で対処するのなら、一万円以内でも可能です。条件は自分で施工することと、自分で必要な物を購入することです。...

next

知りたい生活事情

subpage3

屋根をリフォームしてから、それほど時間が経過していないのに雨漏りが発生したと感じたら、工務店に問い合わせてみましょう。リフォーム直後や、リフォームから一年以内の時間経過の場合は、工務店の施工ミスを想像してしまうと、他の工務店に相談してしまう場合もあります。...

next

ためになる生活

subpage4

木造建築の一戸建ては、建物の構造による雨漏りが発生する場合があります。設計上は問題なくても、実際に新築してから年月が経過するうちに、雨の排水性が悪くなって雨水が排水管ではない場所に流れるようになってしまうことがあるからです。...

next

よく解る情報

subpage5

壁にシミが発生していて、シミの発生原因が不明の場合は、雨漏りを疑ってみましょう。工務店に連絡してシミを見てもらいます。...

next