屋根をリフォームしたのに雨漏りが発生したら

subpage01

屋根をリフォームしてから、それほど時間が経過していないのに雨漏りが発生したと感じたら、工務店に問い合わせてみましょう。

リフォーム直後や、リフォームから一年以内の時間経過の場合は、工務店の施工ミスを想像してしまうと、他の工務店に相談してしまう場合もあります。

基本的には屋根をリフォームしてもらった工務店に問い合わせましょう。


施工ミスではなくても、なんらかの施工の不具合の可能性もあるからです。

残念な結果に感じられるかもしれませんが、施工した工務店に改善してもらうほうが、雨漏りの原因を見つけやすいのがポイントです。
別の工務店に依頼すると、どのように屋根をリフォームしたのか背向上今日からの把握になるため、調査に時間がかかってしまいます。



屋根をリフォームしたのに雨漏りが発生するのは、屋根ではなく外壁に問題があるからです。屋根塗装と外壁塗装を同時に施工してあれば問題はないのですが、屋根だけを修理して、屋根だけの再塗装の場合には、外壁塗装は屋根とは異なる経年劣化になっています。

外壁の亀裂は、水平方向からの雨を吸収しやすいので、防水コーキングを施工したほうが良いでしょう。

オンリーワンのwikipediaに関するマニアックな情報をお届けします。

防水コーキングは低予算で施工してもらえますし、場所さえ把握すれば作業時間も短くて済みます。

外壁から入った雨は、壁材の内部を濡らします。

断熱材の劣化の原因になりますので、早急に対処してもらいましょう。

外壁から入る雨の量が増えてしまうと、外壁材をはがさないと修理できなくなるので、亀裂が小さいうちに埋めるのがポイントです。

マンション雨漏りの知識が身につきます。