壁のシミは何が原因か分からない場合の雨漏り対策

subpage01

壁にシミが発生していて、シミの発生原因が不明の場合は、雨漏りを疑ってみましょう。

雨漏り保険情報はこちらです。

工務店に連絡してシミを見てもらいます。

シミを見てもらってから、屋根と外壁をチェックしてもらいます。

屋根と外壁に雨が入り込みそうな亀裂や穴が見つかれば、雨漏りの可能性が高いです。

必ずしも壁のシミが雨の影響とは限りませんが、因果関係が予想されます。雨漏りは屋根や外壁から入り込んだ雨水が壁の裏側に伝う場合があります。


壁の裏側を伝うときに、断熱材に浸み込んでしまったり、内壁材を腐食させてしまうと、室内側の壁の表面でも分かるくらいのシミになります。


原因が分からなければ雨漏りの工事は正確に行えませんが、まずは複数の原因を推測してみて、雨漏りが原因と想定できる被害箇所を確認します。



壁のシミは必ずしも雨水が原因とは限りませんが、湿気で劣化してしまった断熱材の影響で結露が発生しているとすれば、雨水と同様の現象になります。

工務店に連絡して確認してもらうのは、屋根と外壁を同時に調査してもらえるからです。壁のシミは、壁だけを見ていても、改善できるわけではないからです。
雨の侵入経路を確認して、雨が入っていなければ壁だけを修繕して、雨が入っていれば隙間を塞いでから壁を修繕します。

あなたの知らないコトバンクのことならお任せください。

隙間を塞ぐには、防水性の効果の高いコーキング剤をしようしてもらいましょう。コーキング剤はホームセンターで販売されていますので、自分で購入しておいて、工務店の人に使用してもらうと経済的です。