玄関の雨漏りを修理する

subpage01

木造建築の一戸建ては、建物の構造による雨漏りが発生する場合があります。
設計上は問題なくても、実際に新築してから年月が経過するうちに、雨の排水性が悪くなって雨水が排水管ではない場所に流れるようになってしまうことがあるからです。
玄関で雨漏りが始まってしまったら、すぐに工務店に連絡しましょう。

玄関は独立した設計になっていると、柱と梁の構造体から突き出た形で施工される場合があります。

玄関の扉の前に、外構を広めに施工する場合もあります。

Yahoo!ニュース情報を集めたサイトです。

玄関の扉の前が雨の影響を受けにくいように屋根を施工すると、一戸建ての構造体とは異なる体躯で施工される場合があります。屋根の形状が複雑に重なり合い、雨水の排水が入り組んだ要に設計されてしまう場合もあります。

雨漏りの原因の多くは、隙間から雨水が入ってくる状態ですが、行き場をなくした雨水が溢れたり逆流したりして隙間の奥へ流れ込む場合もあります。
屋根と屋根との重なりは、雨どいを一直線にできない場合も多く、角度と傾斜が排水性を弱くしてしまいがちです。

屋根雨漏り修理関連のノウハウを解説します。

排水のスピードが遅くなると、オーバーフローと呼ばれる状態になってしまい、雨どいから溢れてこぼれてしまいます。こぼれた雨水が跳ねて、玄関の扉や窓に当たり、隙間から入ってくるようになります。



もともと雨漏りを想定していない箇所なので、隙間を丁寧にコーキングすると雨漏りが止まります。防水性の高いコーキングのうち、健康への安全配慮がされているコーキング剤を選びましょう。


玄関まわりでコーキングを使用する施工は、健康への配慮を忘れないようにしましょう。